全能連28年度論文大会で経済産業大臣賞を受賞いたしました。

2017年5月31日、昭和24年から開始された全能連第68回論文大会で上岡恵子先生と共著応募致しました“iCT投資におけるSCMキャッシュフロー方程式の効果”が経済産業大臣賞を受賞いたしました。本ブログでもキャッシュフロー方程式の経営管理面での有効性をアピールさせて頂きましたが、広範なご認知を頂き意を強くしております。関係者様のご支援を本稿を通じて深く御礼を申し上げます。 論文の内容については…

続きを読む

第8回 なんでも税引後で損益を認識する?

加重平均資本コスト(WACC)という、ファイナンス論でよく使われる指標がある。初めて学習する方に、抵抗があるのが有利子負債の資本コストを税引後で認識することである。金利が5%の場合は、実効税率が30%の場合は、5%×(1-0.30)=3.5%で認識する必要があることだ。しかし、会計を勉強したことがある人は、支払利息は経常利益を出す前に計上するので、その段階で法人税等を控除するのは間違っているので…

続きを読む

第7回 直接労務費は固定費か変動費か?

原価計算のオーソドックスな教科書では、直接労務費(本当に製造ラインでモノづくりする製造要員の人件費のこと)は変動費ということになっている。 一方、正規社員の製造要員の人件費は、普通固定給であり、固定費である。 どっちが正しいのかという疑問や混乱が巻き上がることが多い。 筆者は、①製品単位の視点では変動費扱いが適切だと申しあげている。しかし②工場単位、製造ライン単位では固定費と認識すべきと申…

続きを読む